About

団体概要

きのこ集団Protomassとは

きのこ集団Protomassとは、日本の新人演劇集団。 2015年冬、福島県郡山市の高校演劇部有志を中心に結成し、2016年5月『出口はどこかにある』(作・演出:髙橋成知)で旗揚げした。 福島県郡山市を中心に活動しているが、仙台や横浜、京都でも上演したい、という思いを胸に日々惰眠。

代表挨拶

きのこ集団Protomass代表の髙橋成知と申します。こんな自分みたいなペーペーがおこがましくも代表挨拶をさせていただきます。びびってます。

きのこ集団Protomassは基本的に、僕の作・演出の元で演劇の公演を行っています。どういう作品を作ってるかと申しますと、いわゆるナンセンスコメディとか前衛劇とかの類です。ハイ。対話形式で色々難しいこととか無茶苦茶なこととか話したり、突飛なことが起こって大変ダァってなったりする……みたいなのを作ってます。

ですが前衛劇を基盤と言いましても、「どうだ……他の人とは違うだろォ……アー、そう!難しくてわかんないかァ、アハハ!」というような舐めた心持ちで作っているわけではありません。前衛特有の分かりにくさがあるけども、より多くのお客様に楽しんでもらえる何かを作りたい、そういう心持ちで劇を作っています。

しかしやっぱりきのこ集団Protomass独自の作品を作っていきたい。そして、ゆくゆくは「ムムッ!福島に行けば面白い演劇見れるんじゃなぁい!?」と言われるようになり、お客様が各地から福島に足を運んできてくれる。福島の活性化にちょこっとでも貢献できる。んでもってお金をフヒヒ……なんて目論んでます。

まだまだ青二才でございますんで、皆様の厳しい鼓舞激励ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

代表 髙橋 成知

団体概要
団体名 きのこ集団Protomass
代表 髙橋 成知
創立 2015年12月
活動目的 演劇の上演 / 地域文化の活性化
連絡先 Protomass.kinoco@gmail.com